まるで官能小説?岡本敏子の「奇跡」

お元気ですか?

魂の対話士&鍼灸師サバイバルシングルマザー サバちよ(@pontsukutsu)です。

1日1クリック応援 待ってます❤️
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

にほんブログ村

         

岡本太郎記念館を作った人って?

先日、岡本太郎記念館に行って参りました。

その記事はこちら

岡本太郎に会いに〜SHOZOカフェの絶品コーヒー

 

この岡本太郎記念館を作った人が岡本敏子さんです。

岡本敏子さんのことを今まであまり詳しくは知らなかったのですが、記念館の中で、著書が色々と並んでいたので、興味を持ちました。

パートナー岡本敏子

岡本敏子さんとは こんな人↓

岡本敏子

画家の岡本太郎のパートナーであり、養女。実質的な妻でもあった人であり、岡本太郎から絶対的に信頼されていた人です。

 

色々と岡本太郎との共著も出ていたりしますが、

彼女単独の作品で「奇跡」と言う著作があります。

とても、刺激的で女性視点の半自伝的小説です。

 

官能小説?半自伝小説「奇跡」

いやしかし、この本ね、はっきり言って、

前半は官能小説ですよ。

帯は、吉本ばななさんが推奨してましたね

(↑クリックでamazonサイトに飛べます)

性というものを、美しく賞賛すべきものとして捉えていた太郎の奔放さや情熱、男としての逞しさと幼稚さの一端をうかがえます。

深いところで信頼しあう男女の機微、赤裸々な性描写を描きつつ、低俗には落ちないので、読んでいて嫌悪感がありません。

芸術的な女性の描く官能小説は美しく、陶酔できますな♪

 

生はエロス

太郎との生活は、毎日がジェットコースターのようだったでしょうが、人生を賭けるに値する魅力の塊のような太郎と共に生きることができたということは、女性とし、至上の幸福だったでしょう。

【生=エロス】であるということが、よくわかる作品です。

しかし、やはり、生命力のある人は、生にも性にも貪欲であり、まっすぐですな〜。

夏の終わりにでも、ゆったりと読むことをオススメします❤️

 

 

そんなことを思いつつな真夏の昼下がり

 

 

 

では今日はこの辺で

いつもありがとうございます❤️

良き夢を 良き1日を

魂の対話士&鍼灸師サバイバルシングルマザー サバちよ(@pontsukutsu)です。



板倉千世♪公式LINE@はこちら↓(予約も可)

友だち追加

スケジュールはこちら

料金表はこちら

ブログランキング参加中♪ポチッとしてくれたらうれしいです❤️

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ にほんブログ村

Follow me!

ブログ資産化ゼミ

サバちよ♪のような超初心者でもブログ構築できました!
ゼミ生同士ブラシュアップしている精鋭軍団です。次はあなただね♪
Let's join together♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です